梅雨という漢字を ばいう ではなく つゆ と読む由来は? 

日本では江戸時代あたりから梅雨を使うようになったと言われています 

6月~7月にかけては雨がたくさん降ります。すると木々に露がつくことから「梅雨」というようになった

という説があります。 

熟した梅の実が潰れることから「潰ゆ(つゆ)といゆ説もあります

梅の実の成長には雨の存在が欠かせません。 

6月の初旬はまだ実が硬くても下旬には収穫を終える事がほとんどです。そのため熟して潰れる時期でも

あることから「潰ゆ(つゆ)」が梅雨(つゆ)」になったという説があります。




大阪・兵庫でヘアカラーを安くするなら

ヘアカラー専門店DADA吹田店へ

吹田市朝日町2-101 イオン吹田店3F

皆様のご来店をお待ちしております

特集記事
最新記事
アーカイブ