しめ縄

 最近 玄関にしめ縄が飾られている家が少なくなってきました。

古くより続く習慣というものは、意味があるもので、それをしつかり

分かっているいる方が、行事もより豊かになります。

★しめ縄を、飾る意味 (神社など)

神様がいる場所に飾ることで、世俗領域と神域の,境を示す。


一般の家庭で、飾られるのは、新年の神様、歳神様を、お迎えするためです。

玄関に、飾るのは、神様が、入ってきやすい、ふさわしい場所という事になります。

車の、ナンバープレートに、つけるのは、お守り代わりとして、使われている方が、

多いようです。


締め飾りには、意味があり、無病息災の願いを込め。

 ●裏白 (うらじろ)

 裏表なく1年すごせますように。

 ●御幣 (ごへい)

 特殊な絶ち方をした紙

神聖な場所で、あること。

 ●橙 (だいだい)

 柑橘類で、代々繁栄しますようにと、それぞれ、願いを込めて飾り付けられます。


★飾る時期

 1月28日ごろが一般的です。

★処分は、1月15日が、一般的で、神社の、どんど焼きで、焼かれます。


大阪,兵庫で安くヘアカラーするなら

DADA鶴見橋店へ ご来店お待ちしております。

 



特集記事
最新記事